とりとめもない話

謎解き冒険バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ』の”謎解き”と”Q”に違和感を持ったから調べてみた話

謎とき冒険バラエティ『世界の果てまでイッテQ』の”謎解き”と”Q”に違和感を持ったから調べてみた話
スポンサーリンク

こんにちは、とあるJapaneseです。

日曜夜は鉄腕ダッシュ、イッテQが我が家の定番です。

先日番組をみていてふと思ったんですが

イッテQって『冒険』はまぁわかるとして

『謎とき』要素なくない…?

別にクイズ形式の番組じゃないし

雑学エンタテインメント番組のような。。

でも最後に『Q』をつけるくらいだし

初期はクイズ形式の番組だったのかも??

というわけで、本日はその疑問を解消するべく

育児の合間に調べた内容をご紹介します。(何やってんだか)

題して

謎とき冒険バラエティ『世界の果てまでイッテQ』の”謎とき”と”Q”って何?

ネットって便利ですね。




前身番組は『クイズ発見バラエティー イッテQ』

2005年10月3日から2006年3月27日まで深夜に放送されていた『クイズ発見バラエティー イッテQ!』が前身。2006年に2度放送された同番組の特番の好評を受け、約1年を置いてゴールデンタイム進出となった。

Wikipedia

前身番組では「クイズ発見」バラエティーだったんですね。

Qハンターと呼ばれる出題者(ゲスト)が

指定されたテーマ・場所についてロケ中に調査しながらクイズを作成

スタジオの解答者3組が問題に答えるという番組だったみたいです。

謎ときどころか、その謎を作る方に重きを置いていたのか…。

司会はその頃からウッチャンみたいですが

ゲストや回答者は今のように固定メンバーではなく

毎回バラバラだったみたい。

こちらの番組のレギュラー放送終了後に行われたスペシャル番組で

番組内容が「クイズ探し」から「答え探し」=「謎とき」に変わったとのこと。

『Q』はクイズ要素の名残

「出演者が(クイズの答えを探して)ロケを敢行する」という番組の大まかな構成は変わらないが、クイズの要素を廃し、ロケのエリアを地球全土に拡大した点が最大の特徴である。番組名の「Q」はクイズ要素の名残りと言える。

Wikipedia

やっぱり『Q』は名残だったのね。

納得。

でも残して正解ですよね。

Qがなかったら、イッテQポーズできなくなっちゃうもん。




『謎とき』も今となっては名残…?

初期の頃は『世界で一番盛り上がるのは何祭り?』(復活願う…)や

理容室で「お任せします」と頼んだらどんな髪型になるかシリーズ(これだけのコーナーがあったのか)など

問いかけ形式のコーナー名も多かったみたいですが

今となっては…ないですよね。(宮川さーん!!泣)

新聞のラテ欄(番組表)では1行の文字数の都合により『世界の果てイッテQ!』と表記されている。

Wikipedia

文字数の都合らしいけど、ある意味正しい表記なのかも。


ここ数年の新参者だったので知らなかったのですが

大人気番組が出来上がるまでには

いろいろな段階があったんですね。

自分の中のモヤモヤが晴れました。

明日のイッテQも楽しみ!


ではまた。

スポンサーリンク
ABOUT ME
とあるjapanese
30代ワーママ。好きなもの、気になること、生活の中でときめいたものを紹介しています。育児、美容、スイーツネタ多めの雑記ブログです。
RELATED POST